icon_tinycityrunner 無料
Rating4

『Tiny City Runner: 2013 Running』ぬるぬる動く棒人間が飛び跳ねる!?タイミング命のワンキーアクション

【開発者】Markku Virtanen  【レビュー日時】2013.2.11  【レビュー時バージョン】1.0.5

アプリ名
Tiny City Runner: 2013 Running
Tiny City Runner: 2013 Running
ダウンロードQRコード
※Android端末専用
AndroidMarketからダウンロード

ぬるぬる動く棒人間アクション

タイニーシティーランナー」は、ぬるぬる動く棒人間が障害物をジャンプで避けながらゴールを目指す横スクロールワンキーアクションだ。

ルーズリーフに描かれたような背景としっとりとしたBGMが調和して独特の世界観を出している。

世界観の統一をしたため似たようなステージばかりになっているのは残念だが、全150ステージと遊びきれないほどのボリュームは魅力的だ。

ぬるぬると棒人間が飛び跳ねる!

実は奥が深いゲーム性

ワンキー操作のシンプルなゲーム性だが、実は奥が深い。

様々な種類の障害物の高さ・幅・角度を考えて飛ぶタイミングを合わせたり、ジャンプの飛距離をボタンの強弱で調整したりとかなりスキルが必要になる。

ただ、初心者向けに難易度低めのステージが用意されていたりとゲームバランスがいいので序盤で飽きずに遊べることができるのは良かった。

ステージを進めていくうちに徐々にジャンプするタイミングや障害物の特徴もわかりスムーズにクリアできるようになると自分の熟練度が上がっている!っというのが目に見えて分かるのでついついハマって遊んでしまうぞ。

タイミングを間違えると障害物に接触して即アウトだ。

ゲームの流れ

タイニーシティーランナー攻略画像1横に自動スクロールする棒人間を画面をタップすることでジャンプさせて障害物を避けゴールを目指そう。

タイニーシティーランナー攻略画像2真ん中のちょっとビルが落とし穴。ビルの間のほんの少しだけ右寄りからボタンを長押ししてジャンプしないとこのビルは越えられないよ。

タイニーシティーランナー攻略画像3雲も接触するとアウトなので、手前の障害物は少し後ろ側からジャンプして雲より手前に着地しよう。

タイニーシティーランナー攻略画像4ステージは全150。今後もアップデートを予定しているみたいなのでさらに新機能追加やステージ数が増加するかも。

タイニーシティーランナー攻略画像52~3回程度のミスであれば★2つ程度でクリア。★3つを目指すにはノーミスで進まなければいけない…。難易度高し。

ぬるぬる動く棒人間の動作は滑らかでスムーズ!
スピードの強弱がなく、爽快感がないのは残念だった。
<記事提供元>
アプリ★ゲット
Tiny City Runner: 2013 Running
ダウンロードQRコード
※Android端末専用
AndroidMarketからダウンロード
※レビュー内容は掲載当時の情報になり、現在のものと異なる可能性がございます。

新着アプリ情報を様々な方法で配信していますので、是非お好きな方法で購読して下さい。

関連アプリ

新着アプリレビュー

SS5RmVqpr4DeqOpf5SqUEXfPRGyNf0NNTKDw7ZqM_bI0bSqysxcFOTRUOnw7BrDYig=w300
無料
アクション/スポーツ
Rating5

ねぇ、美少女チームのオーナーやろうよ♪シリーズ累計180万人がプレイしたビーナス 続きを読む»

ZcTWinzPttZ0wGxcYGLQQfDmC8m9S3B5KeLHeYclvCVb2O7VMKKa9PF9UFKJSrksW5gU=w300
無料
RPG/シミュレーション
Rating5

基本プレイ無料・リセマラ不要!今なら初回ガチャが何度でも引き直せる!アクション・ 続きを読む»

icon_com.dmm.games.oz&hl=ja.png
無料
RPG/シミュレーション
Rating5

新しいオズの魔法使いが始まる・・・。童話の世界を舞台に繰り広げられる3Dアクショ 続きを読む»

icon_jag.co.sincetimes.tank&hl=ja.png
無料
無料アプリ
Rating4

200種以上の戦車を編成して敵軍を倒すぞ!! 続きを読む»

icon_jp.co.okiwan.pot2sample&hl=ja.png
無料
アクション/スポーツ
Rating5

お姫さまと共に王国の危機を救う旅が、今始まる…! 続きを読む»

icon_jp.axelgame.wcs&hl=ja.png
無料
RPG/シミュレーション
Rating5

1vs1でのオンラインバトルが楽しめる「闘技場」や、3人の仲間との連携がカギとな 続きを読む»

レビュー一覧へ